So-net無料ブログ作成

彼女の酒乱にキレて殴り「逮捕して…」と110番(スポーツ報知)

 交際相手の女性の酒癖が悪いと殴り、「彼女を殴ったので逮捕してください」と自ら110番通報した男が捕まった。福岡県警東署は25日、傷害容疑で福岡市東区の県職員・中嶋紀之容疑者(30)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は、25日午前0時40分ごろ、同区のカラオケ店内で女性(28)の顔などを数回殴った疑い。

 同署によると、中嶋容疑者は24日に被害者の女性とデート。夕食の席で酒を飲み、カラオケ店で“はしご酒”となった。その後、酔っぱらった彼女に腹を立て、顔を殴りキックまで見舞った同容疑者。同署の調べに「彼女は前々から酒癖が悪かった。我慢も限界だった」と供述したが、自ら110番通報した理由については話していない。

 女性は顔面に擦過傷などを負う軽傷。出血はあったものの、大事には至らず、同署で応急処置を受けた後に帰宅した。酔いから覚めた女性が被害届を提出した。

 2人の飲酒量は不明だが、女性が任意で呼気中アルコール濃度の検査を受けたところ数値は0・7ミリグラム。道路交通法では0・15ミリグラム以上で酒気帯び運転となる。警察官が現場に駆けつけた際も「ろれつが回っていなかった」(同署)という。男の同濃度は0・25ミリグラムだった。

 【関連記事】
福岡県警 カラオケ店 応急処置 を調べる

横溝正史賞に伊与原新さん(時事通信)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>21日から警察庁で日中情報交換(毎日新聞)
普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)

<平等院鳳凰堂>CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)

 国宝・平等院鳳凰堂(京都府宇治市)が1053(天喜元)年に創建された当時の内部の色や文様をコンピューターグラフィックス(CG)で再現した復元図が17日公開された。壁や柱、本尊・阿弥陀如来坐像の台座「須弥壇(しゅみだん)」などが、鮮やかによみがえった。

 寺と文化庁による科学調査で、壁面を交差する柱に緑と青、赤のグラデーション模様や、仏の世界で理想の花とされる朱や緑の宝相華(ほうそうげ)が描かれていたことが判明。色彩が未解明だった周囲の小壁は、専門家の意見を踏まえ青を基調にした。

 神居文彰住職は「きらびやかな印象を持っていたが、心の中にしみ込むような落ち着いた空間と分かり驚いた」と話した。復元図は8月6日まで、寺に隣接する平等院ミュージアム鳳翔館で展示されている。【山田尚弘】

【関連ニュース】
平等院鳳凰堂:柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か
天皇、皇后両陛下:京都・平等院を訪問
天皇、皇后両陛下:京都へ出発
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
京の仏像:/54止 雲中供養菩薩像南2号 平等院 /京都

石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
転落死 マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
大手スーパーを視察=野菜価格高騰で−農水相(時事通信)

「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)

 財務省は19日、縦割り意識や省益優先などの弊害を改めるための財務省改革案を公表した。菅財務相は常態化している長時間勤務を改め、平日にデートができる勤務形態を確立するように指示していたが、改革案では未明にまで及ぶ国会答弁の準備作業の改善は「行政府のみでは対応できない」と指摘。政治サイドに質問通告期限の徹底などを要請した。
 改革案は省内の公募で選ばれた中堅・若手職員20人のプロジェクトチーム(PT)がまとめた。「平日デート」実現については、「財務省職員たる者、いざとなれば寝食を忘れてやる高い志を持たなければならない」とも強調し、長時間勤務の意義を否定はしなかった。 

「虐待の恐れ」前日相談所に連絡=打撲跡2カ所、1歳男児変死−大阪(時事通信)
厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)

通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)

 「そよ風」ブランドで通所介護やグループホームなどを展開するメデカジャパンは4月7日、昨年6月-今年2月期の連結営業損益が前年同期比2.7倍の8億2300万円の黒字になったと発表した。通所介護に英会話教室やパソコン教室などを導入した高齢者の生涯学習文化教室「そよ風ルネッサ」の実施や、ケアマネジャーなどに対する営業力の強化策などが奏功した。

 売上高は同11.0%減の200億7400万円だった。経営資源を介護事業に集中しており、不採算の温浴事業からの撤退や、医療機器などの販売事業の縮小が減収要因となった。
 経常損益は4億3200万円の黒字(前年同期は4億6700万円の赤字)、純損益は4億9500万円の黒字(同39億6400万円の赤字)だった。昨年10月にスタートした介護職員処遇改善交付金については1億7900万円を営業外収益に、職員への交付金特別手当として同額を営業外費用に計上した。
 介護事業の売上高は196億500万円(前年同期比6.7%増)、営業損益は12億9100万円の黒字(同44.9%増)だった。拠点の新規開設を抑えて既存拠点の稼働率向上に取り組むなどした結果、通所介護で前年同期比8.1%、有料老人ホームなどで16.0%の増収となった。

■コンプライアンス体制を強化
 同社は昨年10月、コンプライアンス体制を強化するために「法令順守統括室」を本社に新設した。介護保険関連法令などの知識の習得と周知徹底を図るため、現場の責任者クラスの職員を対象に教育研修を実施している。同社によると、今後は担当者を各支社にも配置し、研修体制をさらに強化することも検討しているという。


【関連記事】
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位
介護事業、増収傾向続く―大手4−12月期決算
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン
業績予想を上方修正―メデカジャパン
メデカジャパン106億円の特損計上、「選択と集中」へ

<訃報>山内鉄也さん75歳=映画監督・脚本家(毎日新聞)
対症療法、壊し屋…橋下vs井戸バトル再燃 総意どこ?3空港懇(産経新聞)
<与謝野・平沼新党>民主、「第三極」を警戒(毎日新聞)
「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕(産経新聞)
独自3原則で独法見直し=直嶋経産相(時事通信)

岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)

 1日午後3時5分頃、岩手県岩手町土川、竹田八四(やよ)さん(79)方から出火、平屋建ての住宅をほぼ全焼し、焼け跡から3遺体が見つかった。

 竹田さんは、長男の茂さん(57)、次男の福山開次さん(54)との3人暮らし。岩手署によると、火災後、3人とも連絡が取れていないという。

<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
病腎移植3例目始まる(産経新聞)
「荒川決壊なら死者3500人」(産経新聞)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
<掘り出しニュース>蒲郡みかん郵便ポスト、駅や市役所に登場(毎日新聞)

<与謝野氏離党>谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相が3日、離党届を提出したことについて、谷垣禎一総裁は記者団に「民主党の暴走に歯止めをかけなければならないので、たいへん残念だ」と述べた。

 与謝野氏らの離党の動きに対し、中国訪問中の菅直人副総理兼財務相は記者団に「連携うんぬんということは、少なくとも現時点ではまったく考えていない」と否定し、「今の3党の政権の中でしっかり政権運営していくことが大事だ」と語った。

 また、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「選挙に負けそうだとか勝てそうだとか、そんなことで政治ごっこをやってはいけない。『この党では自分の政策はやれない』ということでやるべきだ」と批判した。さらに、関係の深い平沼氏との連携に関しては現時点での可能性は否定しながらも、「立派な人物。ちゃんとした今後の政治行動を期待している」と語った。

【関連ニュース】
与謝野元財務相:離党届を提出 新党結成へ動き活発化
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁

若林氏の議員辞職要求=投票代行問題で−自民執行部(時事通信)
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い−千葉(時事通信)
遺体は30代女性=死後切断、7〜10日経過−福岡県警
<威力業務妨害容疑>私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕(毎日新聞)
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)

<インサイダー>税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引(毎日新聞)

 株式の公開買い付け(TOB)情報を基に株取引したとして証券取引等監視委員会は30日、税理士ら4人に金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで課徴金を科すよう金融庁に勧告した。課徴金額は▽自営業者が1127万円▽税理士が14万円▽信金職員が101万円▽会社員が85万円。

 監視委によると、投資ファンド「日本みらいキャピタル」傘下のファンドがプラスチック成形加工会社「南部化成」に対し実施したTOBに絡み、自営業者と税理士は09年1月下旬ごろ、友人で南部化成の当時の親会社の社員と会食した際にTOB情報を聞き、公表前に南部化成株を買い付けた疑い。信金職員と会社員は、09年2月下旬ごろ、友人の南部化成社員から情報を聞き、公表前に同社株を買ったとしている。4人は課徴金額とほぼ同額の利益を得たという。【堀智行】

【関連ニュース】
架空増資:トランスデジタル元副社長ら追起訴
トランスデジタル:架空増資事件 6人を告発…証券監視委
インサイダー取引容疑:化粧品販売会社役員に課徴金勧告
早大OB相場操縦:元投資会社社長に懲役2年2月求刑
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑

<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
<交通安全講習>受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
北教組事件 1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける(毎日新聞)
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念−社会意識調査(時事通信)
<しばたはつみさん>死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。